9/27 メリーランド遠征 その④

「消える職業?」
SN3O0003朝食

 昨日は、朝の9時から夕方の5時までアメリカのバージニア州やメリーランド州の学校で日本語を教えておられる先生方の研修報告を6本聞かせてもらった。どの先生たちもほんとに一生懸命に日本語教育、日本語を通しての教育に取り組んでおられるのがよーくわかった。
 夜は、バージニア州やメリーランド州・ワシントンDCの日本語を教える先生方の総会で、日本語バージョンのThis is Rakugo と体験高座(「くちなし[日本語・英語・イタリア語]」、ドイタリア語簡単バージョン、アイスクリーム)、そして日本語で「猫と金魚」をさせてもらった。とてもよく反応してくださったので、気持ちよく喋ることができた。
今日の15時45分~17時15分まで、あったサンディエゴ大学のYasuhiko Tohsaku先生の話は衝撃的だった。電話交換・郵便配達・宅急便・通訳・翻訳・タクシードライバーなどの仕事は将来、コンピュータとロボットに取って代わられてなくなる。
 そして、これからの医者は、データの分析能力や統計学が必要で、手術はコンピュータとロボットがする。医者の仕事は「管を外すかどうかの判断をすること」「やさしい言葉をかけること」になり、IQ(知能指数)よりもEQ(情動の知能指数・人間らしい心?)が必要とされるようになるとのことだった。
 例えば、人間に被害を出さないために無人飛行機で爆撃をするように、宅配のピザや宅急便は、ドロウンというプロペラが4つ付いた無人飛行機で運ぶようになる?
 そう言えば、インターネットを使って小売りをしてるアマゾンがそんなことをもうやってるとか、やろうとしてるとかをニュースでみたことがあるような・・・?!
SN3O0002べっど
SN3O0001ソファー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)