9/8 にぎわい堂稽古だより

てんのじ第5回141011 - コピー

「てんのじ村英語落語会」
 第5回てんのじ村寄席のご案内です。
日時 10月11日(土)14:00開場 14:30開演
場所 山王福祉会館
入場料 500円

プログラム
1,This is Rakugo by Duke KAnaDA
2,Tanusai Showto
3,MAGICK Charley
4,Chiritotechin Kimochi
5,Workshop Showto
6,Hoshinoya Kitty

※ カリフォルニアロールはお寿司といえるのか?厳密にいうと言えないか  
 もしれません。しかし、生魚の食べられない人がアボガドやバナナ(?)
 なんかを海苔巻きで食べている間に、本物の鉄火巻きや握りずしを食べ
 れるようになるかもしれません。いや、なっているようです。
英語では日本語の微妙なニュアンスを出すことはできませんが、正座を
 して、扇子や手ぬぐい、仕草や目線を使って表現して、お客さんに想像の
 世界で楽しませる。こんなに素晴らしい表現活動が日本にあるということ
 を世界の人に知ってもらうためには英語で落語をやる意味は十分にあると
 思います。
何よりも恥ずかしがり屋の多い日本人が、羞恥心を横において、英語を
 しゃべる稽古をするのにぴったりです。事実、中学校の英語の教科書にも
 饅頭怖いや蛇の小咄なんかも教材と載っています。
英語だけでなく、韓国語や中国語など落語をやることで、民間外交をし
 て国民同士が仲良くなっていくことできれば、国同士の関係改善にも少し
 は役に立つのではないでしょうか・・・?!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)