6/3 にぎわい堂稽古だより

 「石頭?」
ワッハ140602
 昨日、ワッハ上方の資料館へいった。4階からレッスンルームのあった7階に引っ越していた。実は木曜日にも来たが、水・木と休館日になっていて入れなかった。係の人がとても親切に対応してくれた。
 たまたま夕方からも時間が空いていたので、高津落語研究会(南天、たま、ひろば、雀五郎さんの4人でやってる会)に行ってきた。
1,たま  子ほめ
2,雀五郎 稲荷車
3,ひろば 真田小僧
4,南天  胴乱の幸助
5,大喜利 司会 たま 生徒 南天、ひろば、雀五郎
   謎かけ(開幕・いちじく) お題咄(お客さんから品物を借りて)
 落語もそれぞれの個性が良くでていてとてもよかったし、大喜利も真剣勝負のおもしろさがあった。
 8月は暇やという仲間内の話で、4人揃って仕事のない日が、17日あるというので、高津の富亭が空いてる14日間、落語会をするということになったそうだ。ラジオ体操のように出席カードを作って、5回までは百円引き。出席した回数だけくじびきのチャンスがあるとか?たまさんの頭の回転の早さ、プロデュース力に感心!

 今日の落語会はとてもよかったが、一つ心にモヤモヤとしたものが残ってしまった。それはお題咄の時に、さっと小銭入れが出されたのと同時ぐらいにきれいな模様の薄い5×5センチ位のビニールシートのような物(中には薄いゴム)を出した人がいた。南天さんもちょっとびっくりしながら対応していたが?(こういうもんはあまり人前でおおっぴらに見せるもんやないやろ)と思ったが、こんなふうに考える自分がおかしいのか、出した人の感覚がおかしいのか・・・? 
スポンサーサイト

コメント

No title

4人揃って仕事のない日が17日…に驚きました!
もちろん、出した人の感覚がおかしいです!!! こちらも驚きですヽ(*゚O゚)ノ

ありがとうございます。

コメントありがとうございます。プロの噺家さんはたいへんですね。奥さんのほうが大変かもしれませんが・・・!?
本音で行動してええ場所と、ちょっと我慢をすることの必要な場所の見極めができないかんのですねえ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)