オハイオ2012遠征だより⑭

「Believing is Seeing」

img012シーイング
10月4日(木)
 朝の8:35から近くの10校の高校生たち約300人を
このフィンドレー大学に招待して、地球を旅しようという催し
があった。その300人の前で11:40~12:15までパフォーマ
ンスをさせてもらった。ちょうど今回の遠征の締めくくりに
なった。
 今回約30回、教室や講堂で20~450人、延2千人を超える
人たちの前で落語の紹介をして、落語の楽しさを経験してもら
おうとした。どの程度伝わったかわからないが、ヴァンビュー
レン笑、いや小学校の4年生の子どもたちが見事な感想文を送
ってくれた。
 「落語って何?」の説明の中で、落語を聴く時には、
img015リンゴ
img013観客も
①あなたたちの想像力「Imagination」が必要なんです。
②百聞は一見に如かず「Seeing is Believing」を
「Believing is Seeing」に変えて、
あると信じてみてくださいね。
と言っていたことを見事に感想文に入れてくれていた
のには本当に驚いた。彼らの頭の中にはちゃーんとイ
メージの世界が・・・!?

5日(金)は宿舎に8時にK先生に迎えにきていただいて、
トレドから26時間ぐらいかかって、6日(土)の夜の
10時に家にたどり着きました。飛行機の中では7日(日)
13時~八聖亭で行われる九雀教室の発表会でする「太鼓腹」
の稽古に励みましたが、「口内炎」と「時差ぼけ」
「年齢的ぼけ・・・?!」などのせいで、出来は?でした。

K先生はじめ、皆様方のご協力で中身の濃い遠征になり
ました。本当にありがとうございました。また来年に備えて
笑進しまーす!
農さんSN3O0031
ファーマーさん

ドライバーSN3O0097
ローガンハイスクールのドライバーさん

誕生日クッキーSN3O0083
カフェの誕生日クッキー

エコノミホテルSN3O0085
エコノミホテルの部屋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)