8/23モンゴル遠征レポート⑭ 

  2012年8月23日(木)

「草原の記」

あっという間に活動最終日、9時過ぎからこのキャンプ地に名前が
付けられているツベクマさん(女性)という方の資料館(この敷地の
入口の横にある小さな建物)で資料や写真を見せてもらいながら話を
聞かせてもらった。
SN3O0135.jpg
 
 大阪外大の蒙古学科をでた司馬遼太郎さんが初めてモンゴルに来た
時の通訳がツベクマさんだったそうで、ロシアや中国、モンゴルと国
籍も4回変えられたというツベクマさんの生涯を参考に司馬さんが書
いたのが「草原の記」だそうだ。
SN3O0130司馬遼太郎

 彼女はその功績(?)で勲五等・寶冠章を日本政府からもらい、受
賞のために来日もされている。
SN3O0128集合
SN3O0131本1
SN3O0132本2
SN3O0133小渕総理
SN3O0134山

 今日は、春日さんという方の作られた「テムジンの友塾」という孤
児院にも行く予定だったが残念ながら訪問できなかった。

 渋滞がひどいので3時間ほどマイクロバスに乗って、12時半過ぎ
に今晩の宿舎「フラワーホテル」についた。トイレを借りて、またバ
スに乗せてもらって昼ご飯を食べにロシア料理店へ、スープと肉料理
デザートをいただいて、お土産を買いに市場・デパートへ、キャビア
が安いハーゲンダッツの大きさぐらいの瓶入が2ドル。駅や街で配っ
てるティシュの半分ぐらいの大きさの袋に入った岩塩が1ドル・・・。

 18時から民族劇場で、歌や踊り馬頭琴の演奏などを聞いたリ見た
りした。草原を馬で駆ける様子をダンスにしたり、音楽にしてるもの
が多く躍動感のあるものが多い感じ、ホーミーという声の歌い方は、
ひとりの人が高い声から低い浪曲の声のようなだし方をする。
 この真似ができたらメッチャ笑いが取れそう・・・!?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)