FC2ブログ

ワシントンDC遠征日記 その7

SN3O0025舞台


『ホイットマン高校』

八笑さんが送ってくださったコメントでわかったんですが、2006年6月メリーランド州にあるWalt Whitman高校の日本語学科の生徒と先生30人が、そして、2008年9月にも先生と生徒さん30人がにぎわい堂に来られました。

何とその時引率されてた先生がこの公演のあと舞台横に来られました。(失礼ながら、記憶力抜群で人の名前をすぐ覚えられないワタクチにはその方がどなたすぐにはかわかりませんでした。)

話の中でちょっとずつわかってきました。

去年もにぎわい堂に行きたいという希望をだされたそうですが、我々が活動をしていないというような情報で来るのをあきらめたそうです。

連絡できるように英語の名刺を渡しておきました。

来年実施されれば是非お願いしますとのことでした。

他の高校の先生や生徒さんたちとも仲良くなれたし、サンホゼの先生と生徒さん達には、宿舎のロビーで「Speaking Flower」の体験レッスンまでやってしまいました・・・。原発問題が落ち着くとアメリカからの訪問者が増えそうです。

原子炉さんには本当に早く落ち着いてもらいたいものです。

命を懸けて事故の処理にあたってくださっている方々には本当に心からのお礼を言いたいです。家族の方たちの心配も並大抵ではないと思います。作業に当たってくださっている皆さんの無事を祈らずにはおられません。

どうか皆さんが無事に作業を終えられますように!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)