ワシントンDC遠征日記 その4

『3度あることは4度?』

SN3O0007ー7
 
いろいろとハプニングの多い今回の旅だが、デルタ航空172便は定刻通り成田空港を離陸した。これからニューヨークのJFK(ジョンエフケネデイ)空港を経由して、19時45分にWDC(ワシントンDCのロナルドレイガン)空港に着く予定だったが・・・。JFKには約12時間かかって予定より1時間早く、14時ごろ着いた。

「アンサンハ、ワイトコノクニヘナニシニキヨッタンヤ?」というような質問を受けたり、指紋を取られたりする入国手続きに約1時間ぐらいかかった。WDC行の飛行機に乗るまでにまだ2時間ほどある。ちょっとお腹がすいたので石田君と「バーガーキング」でワッパ(わっぱ?わっぱ飯?)というハンバーガーを食べた。(ケチャップ・蜂蜜入りマスタード・・・、アメリカンテイストだ!?)

そして、WC行、いやWDC行の飛行機に乗るために25番ゲートに向かった。
遠い、遠い(何ぼ歩かせんねん?)、
おまけにムービングウオークは、足を踏み入れるとべコンと凹っこむようなゴム製で乗った時にバランスを崩してこけそうになる。
(これでこけてけがする人は居てないんやろか?いや、居てるはずやで!)

やっと5時が過ぎて5時半が過ぎたのに乗客を搭乗させる様子が無い。
(5時45分に出発できるんの?)と思いながら待っていると、
「搭乗ゲートが18番に変更になりました。」という放送があった。
(正確には、有ったらしい…?)
それで、また18番ゲートまで戻った。

離陸予定時刻が、18時30分になっている。しばらくすると18時45分に。
・・・19時・・・30分・・・20時・・・20時15分・・・
20時30分・・・25分
(あっ、よかった!)
初めて離陸時刻の表示が早くなったので出発できそうやと喜んでいたが、現実は
そんなに甘くはなかった・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)