第14回 おふく寄席

 ケン坊、笑人が出演させてもらった
 
「第14回おふく寄席」

を無事に終えることができました。

皆様応援ありがとうございました。以下は、おふく寄せのブログを無断でコピーさせてもらいました。(こねこさんごめんなさい)写真をみたい方はおふく寄せのホームページのブログをご覧下さい。
http://ofuku.wisnet.ne.jp/


「第14回おふく寄席」 ご来場御礼
お蔭様で、「第14回おふく寄席」、大盛会の内に終わりました!

ご入場者数、195人と、過去最高を記録し、
演者・スタッフ一同、大きな感動とよろこびに満ちています。
みなさまの温かなご声援のお陰と、心から感謝を申し上げます。

こねこは、写真係りとして、前中央に座り、観客の皆様と同じ目線で寄席を楽しみました。
(敬称付きですが、普段通りの口語体で表現することをご了解ください。)

★全員集合っ!
★ハリトさん、現場監督の貫禄!?
★これがケンダイ! (正しくは見台と書くらしい・・・。)
アンケートの中に 「見台がすばらしかった!」 とのコメントあり。誰が書いたかはご想像の通り。
...........そぉ、貸してくれたご本人。 「みやぽん、どぉもありがとう!」

★演者 左から Shima/Cyan/Yoshi/KENBO

★左から お茶子Yokoyama ・ 演者 Naoko/Juen/Showto

★”Senryu is how I release my stress” by Shima
川柳の日本語と英語のコラボは、お客様の反応もよく、
次に続くRaglish Worldへの誘いを容易にしました。
本人は、数日前から風邪を引いて体調は万全ではありませんでしたが、
観客は身につまされる川柳の数々に大笑いで、元気をもらいました。

★"Talking Flowers" by Cyan
シアンが登場するや否や、観客席から 驚きの声やら、拍手やらが上がりました。
ウ~ン、シアンの着物姿はエレガントで、美しかった!
さすが色にこだわっただけのことはあります。
着物と落語と、たくさんの初めてに緊張していたシアンだけど、これに味をしめそぅ?
ちなみに、「味をしめる」 は 英語で "have confidence"と表現できるらしいです。
シアンに味をしめるの状況を説明して教えてもらったけど、
定着したイメージと違うニュアンスも もっているようですヨ。

★Daddy and Daughter" by Yoshi
初めての舞台でしたが、回りを見渡す余裕すら感じられました!
このネタは、彼のオリジナルです。
でも、オチの前の大切なセンテンスをおっことしてしまいました!
オチオチしてられまへんなぁ・・・。

★"A man in a hurry" by KENBO
もぉ身振り手振りで、KENBO world 炸裂!です。
着物姿も炸裂寸前で、少しハラハラしましたが。

★中入り おちゃこさんは、落語会が初めてです。なのに、いきなり、お茶子とは!

★"Tengu" Naoko
こぉして天狗の絵を描いて紹介すると、イメージが沸きますよねぇ。

★"Recycle Man by juen
漢字で書くと、寿演と書きます、10円じゃないよ!

★"A Bug's Life" by Showto
いつもながら、なりきってますムシに。動物ネタは彼ににおまかせ!です。

★楽屋にて

★打ち上げ
にぎやかでした・・・。"We are really chatterbox."

左:シノッチは、いつも横浜から駆けつけてくれてます。
右:はっしょうさんは、この夏ボストン口演へ行きました。スゴイみんな!!

★最後に

着付けを助けてくださった方々、ちから自慢のたくちゃん、おちゃこを手伝ってくれた方、
お心遣いをくださった皆様、そして大きな口を開けて笑ってくださったたっくさん!のお客様、
皆様のおかげで、無事寄席を終わることができ、たくさんのHappyをいただきました。
本当にありがとうございました。

by koneko

コメント
ざんねーーーん!
こねこさん
 仕事・家業でお忙しい中、おふく寄席の準備やブログの編集、
ほんとにありがとうございました。
 開場前の様子をビデオで撮りに行ってたら、全員集合の写真に
入り損ねてしまいました。
 ざんね、ええーーーーーーーん!

by Showto
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)