8/26 ハワイ遠征だより⑫ 最終回!

皆様、ご愛読並びに、メールをありがとうございました。御返事をよう書きませんでしたが、ご容赦ください。筆無精でめんどくさがり屋の私めが、12階、いや12回も続けてレポートを書けたのは皆さんの応援のおかげです。感謝するとともに、よくがんぶわった自分にも、自分で自分を・・・。
今回、ハワイ口演が実現したのは、ほんとに瓢箪から駒、冗談から落語口演、皆さんの善意の連鎖によってこんな充実した口演合宿ができました。一般の方への口演は2回だけで、あららさんやケン坊には、物足りなかったと思いますが、英語の発音指導や、枕や落語の内容について、文化的な背景を知った上でのアドバイスをしていただけたりしたことは今後のパフォーマンスにも大変役立つと思います。
さて、自分自身ですが、絵本小倉舟を英語で出来るようにしようと思ってきたんですが、
スクリプトが十分腹に入りきらずに・・・おっと、お迎えが・・・(to be continued)

(今空港について搭乗手続きを待ってます)悔いの残るパフォーマンスになってしまった・・・
 しかし、ワルドルフ学校で日本語を勉強している子ども達に落語を見てもらったり、教えたりさせてもらうことによって、気づかせてもらったり、得たりしたものは多かった。特に同じ台詞を、子ども達の発音を意識して何回も繰り返してしゃべったことで、だいぶ発音が変わったような気がする。
2回目の口演は、急遽日本語でもということになり、絵本小倉船を日本語でやろうかと思ったが、竜宮城の話はあまり知られていないし、少しわかりにくいということで、ストーリーのわかりやすい動物園を日本語でやらせてもらった。
30名の来場者の内、11名の方がアンケートに答えてくださっていた。
「今度、この次はいつ来られますか?このような落語をみなさんがきっと聞きたいと思って来られますから、もっと宣伝して大勢の方に聞いてもらいたいとおもいます。もったいない!」
「英語での落語ははじめてききましたが、面白かったです。英語が得意でない私でも何とかわかりました。外国に来たほうが日本の文化に触れることが多いので不思議でした。」
「日英両語で落語をきかせていただけること、心より感謝しています。」
「大変楽しく過ごさせていただきました。このひとことです。私は大阪からハワイに来て50年になりますが、本当に楽しいひとときでした。心から感謝致します。」
「Seeing the body moment.(一番楽しめたのは落語の仕草です。)」
「Stories werw very interesting.(話の内容がとても面白かった。)」

スビバセン。またまた、to be continued!!

「あららさんの英語が上手でたのしめたが、オチが私にわかりませんでした。オチが2回なんておかしいでしょうが、もう一度行って欲しかった。または、日本語で言ってくださったら嬉しかった。」
「笑えないと思っていたが、よーく、久しぶりに笑わせていただきました。」
「Audience participation(お客さんが参加するのが一番おもしろかった)」

などや、表現についての具体的なアドバイス、入場料を10ドルぐらいもらったらどうか、そして、温かい励ましのお言葉などたくさんのご意見をいただきました。

 今回の遠征で、心にも身体にもしっかりと栄養をつけることができました。(体重はNo thank you!)
ハワイで経験させてもらったことは、これからの活動に生きてくると思います。
 ハワイの皆さーーーん! 日本で、いや、NZ(ニュージーランド)、デトロイト、ミネソタ、オハイオ、いろんなところで応援してくださってたみなさーーーーん! ありがとうございました!!!

 さて、次は・・・?????


スポンサーサイト

コメント

Aloha Hawaii

帰りたくない!

でも帰らなければならない。

でも帰りたくない!

とそのままto be nontinueの人がいるらしいHawaii。



コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)