8/20 ハワイ遠征レポート⑤

DSCF0824.jpg

DSCF0948.jpg
 昨日はワルドモノ、いやワルドルフという学校の小学6年生、5人、日本語中級クラスの9・10年生(中3・高1)、20人、日本語上級クラスの11・12年生(高2・3)、7人の生徒さん達にそれぞれ1時間(実際は45分)ずつ落語の授業をさせてもらった。
 小学生の子ども達には、足袋や着物の着方の説明、うどんの食べ方や扇子の使い方などを見せた後、英語でスピーキングフラワー(くちなし)の実演。
 中級クラスの生徒たちには、マンキーとスピーキングフラワーを英語で、
 上級クラスの生徒たちには、スピーキングフラワーを日本語と英語、アイスクリームを英語でやってもらった。
 恥ずかしがりやの子もいれば、積極的な子もいるのは日本もハワイも同じだが、全体的にはハワイの子どもたちの方が積極性があり、表現力も豊かな子が多いように思う。これは小さいときから、人前で話す機会の多少や教育内容の違いによるのだろうか?

夜は、7時からお寺の講堂でさせてもらう予定だったが、実際には7時15分開始で、約30人のお客さんを前に約1時間の落語会をさせてもらった。
プログラムは、
This is Rakugo あらら&笑人
Ehon Kokurabune 笑人
Hatsutennjin    あらら
Work shop 笑人
 
 今日の出来は何点位だっただろうか・・・今日の反省をもとに日曜日はしっかり出来るようにガンブワリマス!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)