第15回おふく寄席

第15回 おふく寄席 英語落語会

11月16日(日)2時から、大阪駅前第2ビル5F 大阪市生涯学習センターでかいさいされました。
その日の様子をおふく寄席のブログから転載させていただきました。

http://ofuku.wisnet.ne.jp/
11月16日、第15回おふく寄席にご来場をくださり、ありがとうございました。
お蔭様で、210人と過去最高の入場者数を記録しました

雨なので心配していたのですが、早いお客様は12:30位にはお越しくださいました。
間もなく、なが~い行列ができ、開場と同時にアッという間に席は埋まってしまったのです、ビックリ!
たくさんの外国人のお客様も来てくださり、日本の古典落語を楽しんでくれました。
当日の様子を写真にて再現し、頂戴したアンケートの中からいくつかのコメントも紹介します。(原文のまま)



20081116audience.jpg
↑解説:
昨年は、外国人のお客様が少なく、たしか10人前後だったと記憶していますが、
今年は、ベトナム、アメリカ、エジプト、イギリスと、konekoが知りえただけでも国の数は最大、
外国人観客数も最大でした。

左上の写真の青い洋服の女性と隣の男性は、konekoの1つ置いて隣に座っていました。
よく!笑ってました。それも大きな笑い声!
たぶん、頭の中で先のstoryを想像してたのでしょう、、人より笑いが早い!!!
彼らのように笑いを先導してくれる人がいると、会場全体に笑いが連鎖して、いい雰囲気ができます。

20081116shimajuen.jpg
↑解説:
"This is Rakugo" を演じた、Shima & Juen
寿演が、扇子と手ぬぐいを持ってでるのを忘れるハプニングがありましたが、それもご愛嬌。
Shimaの巧みな話術で、観客をリラックスさせ、寿演のユーモラスな演技は、
初めてのお客様や外国人にとって、落語を楽しむ助けになったことと思います。

①A good,clear introduction that sumed up key rakugo elements.
Good flow between the two presenters.
②Perfect introduction. This is my first time seeing OFUKUYOSE. Good grammer.

20081116Hasshow.jpg
↑解説:
"Monkey" を演じた、八笑
彼は、おふく寄席の長老で、後期高齢者を逆手にとって、自信の枕では、「老後(ろうご)よろしく」と
挨拶をし、みんの気持ちを和ますGentlmanです。
おふく寄席に入って1年が経ちましたが、今年行われたほとんどの出前寄席に参加をしてもらいました。
日ごろは温和で静かな方ですが、高座では違う人みたいにはじけていましたネ
サイコウの"Monkey"でした!

①後期高齢者とのことで、本当にお元気で面白いのに驚きました。
  きっと人々を笑わせることがご自分の長寿に役立っていることと感じました。
  多くのお年寄り達の”鏡”として、いつまでも楽しく笑わせて下さい。
②Terrific! I laughed hard. Good monkey impression.
③日本の時事をとりあげて面白く、話がとぎれず楽しかった。

20081116shinocchi.jpg
↑解説:
"Tsuru"を演じた、しのっち
彼は、毎月一回の稽古に横浜から新幹線で通ってきています。
"Tsuru"は、彼の翻訳によるもので、たぶん、英語落語として、初めて演じられたネタだと思います。
アンケートに、分かりにくかった、という感想が何枚かありましたが、
良かったという感想も多くありました。

①「つ・る」の説明がどんどん変わっていくところがおもしろかった。
②The way he speak was very like "Hanashika". I like it.
③Funny. I had seen Tsuru in jpn before but didn't undestand much.
It was nice to see it in eng.
④淡々とした語り口調が更に笑いを誘いました。
⑤I like this one. The noises make tyhe story. It needs very little explanation.
⑥大工さんのカンナをかける音が抜群でした。ツー、ルーもバカさ加減がなんともいえない良い味をしていて楽しかったです。

20081116koito.jpg
↑解説
"Myogaya Inn"を演じた、こいと
昨年は、「なおこ」でしたが、「こいと」とキュートな名前に変えて初めてのおふく寄席です。
(見た目も)キュート!
愛知に住んでいるので、毎月は勉強会にでてこられませんが、
地元で落語会を催したり、学校訪問落語を行うなど、積極的な活動をしています。
(生まれ育ちは浪速っ子ですよ!)
アンケートの中で、最も評判の良かった演目の一つです。

①Koito is a very good actress. My favorite story. So fan.
②This rakugo performance was the funniest for me.
③ストーリーとしゃべりがめっちゃよかった。また聞いてみたい。

20081116ocyako.jpg
↑お茶子のいっちゃん。小学生です。
今年の夏からおふく寄席に通ってきてくれています。
吹田寄席でもお茶子を勤めてくれます。

20081116Kanan.jpg
↑解説
"The raccoon and the gambler"を演じた、かなん
Kananは、3年前だったか、某A新聞におふく寄席の記事が掲載されたことをきっかけに
おふく寄席のメンバーとなりました。
見た目どおり、貫禄のある(?)かなんさんです。
大の落語好きで、英語落語以外にも、日本語の落語教室にも通っています。
只今は、「仔猫」を習っているそうです。(むっちゃ!むずいやん!!!)
名前の「かなん」は、”あんなんかなん、こんなんかなん”という大阪弁からきています。
意味は、かなわない、です。

①Looked very relaxed. Good pace, expression and story.
②I enjoyed this very much.Congratulations to Kanan!
③軽快な語り口は抜群。
④入りと枕そして話へと持っていきかたが上手でした。
 初めてのようには思えませんでした。これからもがんばってください。

20081116Showto.jpg
↑解説
"Kouzu Shrine" を演じた、笑人
自他共に認める英語落語伝道師。
おふく寄席の繁栄のおかげは彼にあるといっても過言ではありません。
国内のみならず、毎年海外に出かけ、英語落語普及に力を尽くしています。
彼の夢は、「英語落語甲子園」開催です。
いつか叶えたいですね、一緒に。

①ジェスチャーが大きく楽しかった。
②Funny vices & expressions.
③すごい熱演。感動しました。
④ほら吹きの話し方のリズムがおもしろく、味のある舞台になっていました。
⑤Great energy.

20081116pary2.jpg
20081116party1.jpg
”お好み焼きにゅーおふく”での打ち上げ。
たくさんのお客様がきてくださり、メンバーには立ってたべてもらいました・・・。

まめに焼きそばを運んでくれるごまめは、名前の由来が子供の頃のあそびからきています。
よく手伝ってもらって、助かりました。ありがとう。

20081116all.jpg

本当に楽しい時間を皆様と共有できました。
ありがとうございました!
We love Rakugo!
スポンサーサイト

コメント

やりましたね!大成功おめでとうございます!

>笑人さん
おふく寄席の大大成功おめでとうございます!上の写真を見ているだけで当日の雰囲気が伝わってきます。ひゃ~すごい!それにしても、ここ数年の英語落語の発展はめざましいですね。いずれ海外の辞書に「Rakugo」というのが必ず掲載されるようになるのではないでしょうか。これからもますます頑張ってください。

満員御礼

 いつも応援ありがとうございます。ほんとに良いお客様ばっかりで、超気持ちよく落語をさせていただきました。

英語落語の登竜門、おふく寄席に今回デビュウさせて頂きました。にぎわい堂に来て早2年、雨の日も風の日も弛まぬ道場主の”かわいがり”のお陰と今更ながら有り難く厚く感謝しております。これからも宜しくお願いします。

笑撃デビュー

 ほんとに笑撃のデビューおめでとうございます。八笑さんの応援のおかげで何とかにぎわい堂も続いて続いていております。
少なくとも90才までは現役で舞台に上げっていただきた いと思っておりますので、よろしくおねがいいたします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)