FC2ブログ

2017オハイオ遠征の巻 (10/25) 

㉕『ほんまに白い犬かった?!』
P_20171025_115746.jpg

1_201710310717178b5.jpg

2_20171031071718762.jpg

3_20171031071720987.jpg

4_20171031071721d7d.jpg

5_2017103107172379d.jpg

6_20171031071724172.jpg

20171010210337b7ds_201710310717264c8.jpg

20171010210342f85s_201710310717278ef.jpg

20171010210936b71s_20171031071729f48.jpg

20171011164107d98s_20171031071730619.jpg

DSC05867s_201710310717328e2.jpg

1 胸張り

P_20171017_195510_20171031071736b74.jpg

P_20171018_174740_20171031071738c3e.jpg

P_20171019_115252.jpg

P_20171021_132954_20171031071741ad1.jpg

P_20171021_153616_20171031071742480.jpg

P_20171021_205512_20171031071744478.jpg

ロスアンゼルスから羽田について、荷物を受け取ってJALのカウンターに預けようとした時、係の人が「スーツケースの駒の辺りにひび割れがあります」と言ってくれた。(そういえば少し転がしにくかったな)と思い。アメリカン航空の係の人を呼んでくれて現状確認をしてもらった。「軽微な損傷ですので、賠責事項には当たりません。」と証明書をくれた。(これが軽微な損傷かな?)と思いながらスーツケースを倒してみてみると、完全に壊れてる。(これは軽微やないやろ)もう一度来てもらう。結局修理してもらうことになった。(どんな修理になるんやろ?)
今回の遠征で学習したこと
①充電用のプラグはパソコン用とカメラ用では充電速度が違う。
 今回充電用のプラグはどれも同じだと思って、軽くて折りたためるものを1つだけ持って行ったが、時間はかかるは、パソコン使用中は充電できてない・・・で困ったコマッタ駒鳥姉妹。プラグは大容量(?)の物を複数持って行くべし。
②携帯はSB(ソフトバンク)?
 最近はWi-Fiが使えるところが多くなったのでレストランやカフェなどではフリーで使えたり、ホテルでも名字と部屋番号を登録して不正使用はしませんという約束画面をタッチするとインターネットが使えるが、SBは日本でそういう契約さえしておけば電話回線が使えてグーグルマップなども使えて便利?! 
③飛行機の座席
近距離は窓側が良いが遠距離の場合は、通路側(アイルスィート)がいつでもトイレに行けて便利。
④小銭
支払いはほとんどクレジットカードを使えるが、タクシー代やバス代などは現金がいる。特に荷物を運んでもらった時などには1ドル札がないと困る。昔は何でも1ドルで済ませていたが、最近は2ドルが最低だとか?因みに私目はいつでも10~20枚キープしています。
⑤華氏(F=ファランハイト)
気温は華氏という単位であらわされている。気温100度という数字が出ていてびっくりしたことがありましたが、78℉ が20℃。     計算するときは、摂氏=(華氏-32)÷1.8
⑥体重計(P=ポンド)
体重は、pound・パウンド(日本語読みはポンド)であらわされるので、   132poundなら 約60㎏ 計算は、体重÷約4.5

⑦洗濯
ホテルには洗濯機がなかったので、シャワ―を使うときやお風呂に入る時はシャツ・パンツ・靴下を身に着けたまま自分の体を洗濯板にして洗った。コロラドもサンフランシスコも乾燥気候なのでバスルームに干して換気扇をまわしておくと大体乾いていた。2日目なら完燥。
お役に立つか経たないかわからないことを書いてしまいましたが、今回の遠征は後半おふく寄席のメンバーの人たちと合流して行動させてもらったおかげで一人ではできない貴重な経験もさせていただきました。いろんな人たちに支えていただいてほんとに楽しくて、ほんまに白い犬(※尾も白い)充実した遠征になりました。ご協力、応援していただいた皆様本当にありがとうございました。
コロラドでの最後の公演も本当に充実してました。♪な~んでか?落語をさせてもらった場所が、柔術道場だったんです・・・!?
ご愛読ありがとうございました。明日からはまた週に1回ペースで頼らせて、いえ便らせていただきます。
スポンサーサイト



にぎわい亭稽古だより

1P_20171022_111433.jpg

2P_20171022_110143.jpg

3 P_20171022_125236

4_201710280947400c1.jpg

5 P_20171022_135053

6 P_20171022_135029

7 P_20171022_135008

8 P_20171022_143623

9 P_20171022_151505

10 P_20171022_151601

P_20171022_145745.jpg

㉔ 2017オハイオ遠征の巻 (10/24) 
『オハ・コロ・サクラ→SA?!』
帰国前日の昨日、23日は、あさSA(サンフランシスコ)美術館に行った。一番印象に残ったのはトイレ!扉を開けて入った瞬間(ドヒャー!?)オレンジ色の世界!?聞くところによると女子トイレはピンク色だったとか?
昼はファーマーマーケットに行こうと地下鉄に乗ろうとすると切符が1ドル95セント、2ドル札でお釣りをもらおうとするがお釣りの表示が出ない。お釣りの出るのと出ない販売機があって出ない方だった。何とか切符を買って2つ目の駅で降りて地上に出た瞬間にまわりからおCこのにおい。ホームレスの人たちがたくさんいる・・・!? 
「想い出のサンフランシスコ」という素敵な歌があってSAというのはエースエイ的で綺麗な街というイメージがあったが残念ながらエースエイ的でなかった・・・?! 

にぎわい亭稽古だより  

㉓ 2017オハイオ遠征の巻 (10/23) 
P_20171021_205507.jpg

P_20171021_205418.jpg

P_20171021_205456.jpg

P_20171021_205512.jpg

P_20171021_220443.jpg

P_20171021_205638.jpg

『小肥羊・LITTLE SHEEP?!』
何故か朝早く目が覚めてしまう。昨日の起床は4時、9時にホテルの一階にあるJTBの案内所で情報をもらった。JCBのカードをもっているとガラガラくじが引けてカラフルな紙袋があたるというサービスがあった。カードを持ってた3人のうち私目だけが条件に適応しないとのことでくじを引かせてもらえなかった!(ナンデヤネーン!?)サンフランシスコ(SA)では1LDKで家賃が25万円、普通の家で40万円でニューヨークよりも高いとか!?

昼は4人でラーメンでも食べようかということになったが、昨日の夜行った小肥羊〈天然-美味-快楽共享)というモンゴリアンホットポットという鍋料理の店へ行って野菜たっぷりのラーメンを作ろうということになった。このレストランは西海岸を中心に20以上の店があるチェーン店のようだ。味よし・値は安・組合せお好み次第、喋り放題放題にかっこいい店員のお兄ちゃんが付いてくる、特に女性にはお勧めのお店です?!。

ここのお箸が変わっています。こんなお箸は初めての経験でした。長さ20㎝程、円筒形で持ち手が黒い金属性で先が丸い筒状になってます。その横に12~13㎝の紙袋がついていました。開けてみると10㎝位の木製の箸の先が入っていました。「これを先につけるんや!?」隣りのアメリカ人?の3人組はつけずに食べている!?「ソレーハコウヤッテ、ツケーテツケーテ、タベマンネヤデ!」こんな会話から国際交流が始まりました。
ほんの付け足し、いえツケハシの噺でした・・・?!(シッツレイシマシタ!)

にぎわい亭稽古だより

1 デン空4人171021
(デンバー空港)

P_20171021_125033.jpg

P_20171021_125445.jpg

P_20171021_132954.jpg
(クラムチャウダー)

P_20171021_133007.jpg
(生カキのチーズ焼き・アオサつき?)

P_20171021_133023.jpg
(ムール貝のガーリック炒め?)

P_20171021_152127.jpg

P_20171021_153616.jpg
(金門橋・ゴールデンゲイトブリッジ)

P_20171021_153525.jpg

P_20171021_155157.jpg
(アルカトラズ島)

㉒ 2017オハイオ遠征の巻 (10/22) 
『ミハットイテネ・ミハル!?』
5時起床、パン・バナナ・牛乳の朝食を済ませ、6時にエリオットさんに乗せてもらって空港へ、ハナちゃん(3才)も一緒に乗って見送りに来てくれた。サックラメントから約1時間のフライトでサンフランシスコへ。飛行機の待時間にあららさんがこねこさんに「荷物をちょっと見張っといてね!」「いいよ、私、ミハル!」(こねこさんの本名は美治(みはる)
10時半にホテル到着。チェックインは3時、それ以前に入るには別料金30ドルがいると言うので、荷物をホテルに預けてタクシーでウオーターフロントへ移動。BOUDIN(ボウディン)というクラムチャウダー(直径20センチ位の丸いパンをくり抜いてそこに具が入れてある)で有名な店で昼食。1・2階がレストランで、店の横がパン工場になっている。2階のレストランの横はパンの資料館になっていて、そこからも通りからもパン作りの様子が見れるようにガラス張りになっている。
ここのクラムチャウダーは直営工場で作ったパンを使ってるだけにアジガチャウダー・・・!?(しっつれいしました!)

にぎわい亭稽古だより  

カウボーイ

こねこさん

22751194_1699791433364741_74996720_o.jpg

22690485_10106087580057593_1459607271_o.jpg

イチアザ

お客さん

ヴォランティア13

落語の指揮者


ミスタEこねこ
 
⑳ 2017オハイオ遠征の巻 (10/20) 
『ドッタン、バッタン!?』
朝6時50分にEさんの車に乗せてもらって7時半からの大学の授業に参加させてもらった。日本語の勉強を始めて3年目(?)のクラスで、アメリカなのに日本語の世界になっていた。
授業の後、分宿しているあらら・こねこ&ゆきはさんを迎えに行ってオールドタウンを見学、3足15ドルのカラフルな靴下をお土産に買って、昼食後サックラメント大学へ行った。1時間ほど校内を案内してもらって、公演が何とか始められた・・・?!

にぎわい亭稽古だより  

P_20171018_111827.jpg

P_20171018_112717.jpg

P_20171018_115539.jpg

P_20171018_121917.jpg

P_20171018_174740.jpg
⑲ 2017オハイオ遠征の巻 (10/19) 
『田畑?』
11時にホテルをチェックアウトMさんの車に乗せてもらってTEAHOUSEというレストランに到着、雰囲気は抜群にいい。残念ながら食事は・・・。
Mさん、Sさんに送ってもらってデンバー空港に到着、2時40分から搭乗開始、しかし30分位してから放送があり、一部の人が降りだした。隣の人に聞くと降りなくていいようなので、そのまま待っていた。しばらくすると降りた人が戻ってきて、40分遅れで離陸?何がどうなってるのか、さっぱりわからず。20分遅れでサクラメントに着陸。荷物の受け取り場所にスーツケースや旅行カバンが積み上げてあったのが印象的だった。  
  迎えに来てくれていたEさんの車に乗せてもらって、空港からダウンタウンに向かったが、樹木や建物もたくさんあって都会という感じがする。そうか!デンバーという町は田畑が多いところだったので、田(でん)畑(バーた)だったんだ・・・!?(シッツレイシマシタ!?)

にぎわい亭稽古だより

P_20171017_195510.jpg

P_20171017_162109.jpg

P_20171017_173704_HDR.jpg

全員 - コピー
⑱ 2017オハイオ遠征の巻 (10/18)  
 『ライスヌードル・フォー!?』
デンバー大学での公演は3時10分に会場到着、5時半開演。授業の関係で、入れ替わりもあったが約50名のお客さんに来ていただいて盛り上がった。 
 7時過ぎに終わって、ベトナム料理の店へ行ってフォーを食べた。スープがほんとにおいしかった。その後、Eさんの豪邸へお邪魔して、ボルダーでの最後の夜は楽しく更けていったのでありました・・・?!

にぎわい亭稽古だより

チベットカレー

甲南?

いぬのおやつ - コピー

いぬのおやつ

シェルビーさん

ぴスタアイス

ピスタ&アイス

リサイクル

山

⑰ 2017オハイオ遠征の巻 (10/17) 
『災い転じてカレーとアイス!?』
昨夜(?)は12時半に寝て4時目覚め、6時半起床。今日は久しぶりにノースケジュールデイ!
とりあえず7時に朝ご飯を食べに行く。朝ごはんは料金に含まれてると言われてるので安心して食べに行ったが、食べ終わって出る時に部屋番号とサインをしろと言われて金額を見てみると17ドル!?・・・「ワターシノプラーンハヘヤダイーニ・・・!」と言っても通じないので、仕方なくサインをしてしまう!?
あんな朝ごはんに17ドル(2千円近い?)‼そんな払わされんねやったら、外のカフェで同じ様な物が10ドル位で食べれるがな? チベットキッチンならランチが4ドル95セント・・・!?
今日は11時ロビー集合とのことだったが、無情にもほったらかしにされてしまった・・・?!仕方なしに一人で行動、気になっていたチベットレストランに行ってみた。ランチを頼んだが、6.5ドル(チャイ付き)だった。香南のような大きな日用雑貨(?)の店に行くと絵葉書を売っていたので10枚(1枚約50セント)買った。レジのところに犬にあげるおやつが置いてあった?!その後ブラブラしながらホテルに帰っているとアイスクリーム屋さんがあったので一番小さいやつを頼んだのにこの大きさ・・・?!

にぎわい亭稽古だより

P_20171015_165718_HDR.jpg

P_20171015_164431_1_p.jpg

P_20171015_112514_1_p.jpg

P_20171015_110348_1_p.jpg
 ⑯ 2017オハイオ遠征の巻 (10/16)
『靄ってる!?』
何故か夜中に目が覚めてしまう。昨日も12時に寝て2時半と4時ぐらいに目が覚めたが結局6時に起きた。
今日は、2時に集合してラブランドという町に車で連れて来てもらった。日本に来て三味線を習っていたインディアさん(こねこさんの稽古仲間)のお世話で英語落語会をさせてもらうことになっているのだ。
開演前に町の様子や会場の入口屋写真を撮ろうと思うとみんな靄(もや)がかかったようになってしまう。(何で!?)設定を確認していっても原因がわからない。・・・ようやくカメラのレンズが汚れてるのではないかと思ってレンズを見てみると確かに曇ってるようだ。息を吹きかけティッシュで拭くことを繰り返すと曇りがある程度取れた。(たまたま汚れた手で触ってしまったのだろうか・・・?!)
※1・2まい目は曇ったレンズで撮った写真、3枚目は13日のお昼に行ったおしゃれなカフェの入り口の取っ手の先が赤い斧。(ちょっと見にくいですがわかるでしょうか?)

にぎわい亭稽古だより

P_20171014_144016_1_p.jpg

P_20171014_140844_1_p.jpg

P_20171014_143008_1_p.jpg

P_20171014_152857_p.jpg

P_20171014_152750_1_p.jpg
⑮ 2017オハイオ遠征の巻 (10/15) 
 『味噌豆?』
4時起床、8時朝食、10時半からSさんの車に乗せてもらって、ボルダーの日本人学校へ。日本へ帰る方のための送別会に紛れ込み果物やお菓子を頂く。
1時から小学生(?)約60名と保護者の方約20名、約80名の前で日本語で「落語って?」約15分喋って、高一と中二の女の子が二人で演劇仕立ての「味噌豆」をやってくれた。間の取り方もよく、とても上手にやっていたが、声が小さいのが惜しかった。
その後ワークショップで、「痛い」「アイスクリーム」で参加者全員に声を出してもらい、最後は希望者6人?に前に出てやってもらった。その後、ゆきはさんのジャグリング、笑人の「動物園」で前半終了1時50分。
2時からあららさんの英語での「Kannin-bukuro」、ゆきはさんの「舞」、全員での「野球拳」で2時50分終了。
今日のお客さんはとても反応が良く、上出来、上出来!(手前みそ・・・?!)

※落語会が終わって、ホテルに帰る途中にここに止めてもらったが、風がすごい!?

にぎわい亭稽古だより


P_20171013_113131_1_p.jpg

P_20171013_140717_1_p.jpg

P_20171013_184057_1_p.jpg

P_20171013_184101_1_p.jpg


P_20171013_174233_1_p.jpg

P_20171013_173731_1_p.jpg

P_20171013_174258_1_p.jpg

P_20171013_174315_1_p_201710160028034f0.jpg
⑭2017オハイオ遠征の巻 (10/14) 
『テイスティング!?』
昨日は9時に寝て2時に目覚め、5時から起き出してメールチェック、写真の整理や記事書き、10時半過ぎから近くを散歩、ホテルの周りには大きなスーパーが4つ以上ある!?チベットキッチン?カレー系統?ランチ$4.95 ディナー$6.95 VOTE♯$1と書いてあるが?何のことか分からない。誰も入っていない・・・? 結局こじゃれた自家製パンを焼いてるカフェにはいった。サンドイッチとオニオンスープ、菓子パン一つを頼んだら。チップの表示が、15・20・25・30と出た。(チップが要るの!?)トータル$18.78(ギョエー!?まあ、朝はバナナとオレンジジュースだけで済ましたからいいか)!!!
2時、おふくメンバーの3人がSさんの車に乗せてもらって到着、夜は明日の日本人学校での公演の打ち合わせを兼ねて食事会、何とビールのテイスティングをさせてくれるではアーリマセンカ。料理も美味しかった。しかし、一番良かったのは可愛くて、愛想がよくて、4種類のビールのテイスティングを持ってきてくれたウエイトレスさんの笑顔・・・?!

にぎわい亭稽古だより

P_20171012_145009_1_p.jpg

P_20171012_145008_1_p.jpg

P_20171012_145022_p.jpg
⑬ 2017オハイオ遠征の巻 (10/13)  
『ダブルラッキー!』
K先生に車で送ってもらい、
トレド10:56発・シカゴ11:10着、シカゴ12:00発の飛行機に乗ってデンバーに13:38に着いた。時差の関係で実際に乗っていた時間は、シカゴまで1時間14分、デンバーまでは2時間38分です。トレドとデンバーの時差は2時間!?
マラソンのトレーニング地として知っていたボウルダーの町まで空港からバスで1時間15分、そこからタクシーでホテルに行こうと思っていたが、バスの中で隣の若い男性に「このホテルまでタクシーでどの位の時間がかかりますか?」と聞くと後ろにいたおばさんが「タクシーはあまりないから私がホテルまで送ってあげるよ!?」と言ってくれ迎えに来た息子さんに送らせてくれた。
 
今日訓その六
自分の状況は相手だけに言うのではなく周り全員に聞こえるように言うべし

バス代は9ドルのはずだったが、「料金箱が故障してるので払わなくていい・・・!?」

にぎわい亭稽古だより

⑫2017オハイオ遠征の巻 (10/12)  
  『カメラが・・・!?』
オハイオの日程は無事終了、ここでは何やかやで30~90分のおしゃべりを25回させてもらった。いろんな状況があってとても勉強になった。同じことを何べんもしゃべらしてもらい子どもたちの発音も、い~っぱい聞かしてもらったので、自分の発音も少し良くなったような(?)気がする!
昨日は、睡眠薬(実はベンさんにもらったケンタッキー産の…)をしっかり飲んで11時に寝たので、5時までぐっすりと眠れた。前々回、慌ててパソコンの電源コードだけを鞄に入れて本体を忘れて帰ったことがあるので、忘れ物には神経質になってるのですが、カメラが・・・!?
P_20171012_073137_1_p (1)

P_20171012_073218_1_p (1)

P_20171012_073441_p_201710142142198a9.jpg
※ お菓子の赤い包装紙の色に染まった紙幣です?!

にぎわい亭稽古だより

 DSC05925.jpg

DSC05922.jpg



 ⑪2017オハイオ遠征の巻 (10/11)      
『ドゥ ユー スピーク エングレェッシュ?』
昨日は4時ごろ、ジョンさんが迎えに来てくれたので車で約1時間半かかってダブリンのJ(ジョン)さんの家へ、奥さんに濡れた鞄を乾燥機で乾かしてくださいと頼んで、Jさんと夕食へ。面白いおばさんが登場して17歳の青年2人と4人(Jさんは授業)でピザ・チキンフライ・ミートスパゲティなど(勿論生ビールを含む)をいただく。8時過ぎ帰宅、鞄は新品のようになり、異臭もなかった。(I先生!ご心配をおかけしました。かえってきれいになってよかったです!)     
 今日は7時に家を出発して、途中コーヒーとハンバーガーの朝食後、午前中はJさんの教えているダブリンHS(ハイスクール)で約40分の授業(日本文化としての落語体験?)を3回、午後はコフマンHSで約50分の授業を2回させてもらった。
最期の授業では、イスラム系の移民の生徒(?)が指示しないことをやりだして自分と仲間達だけで笑っていたので、「演者はわろたらあかんがな!」と迷走を止めるのが大変だった。後で聞くと彼らは英語がよくわからないクラスの子で、こちらの指示がよくわからなくて照れ隠しに はしゃいでいたのか・・・?!
※昼に麵屋というラーメン屋さんで豚骨ラーメンを御馳走になりました。レジの方は来て3年目という日本人の女性で炊き込みご飯をサービスしてくださいました。ラーメンもおいしかったけど炊き込みご飯がショウガの味も効いてておいしかったです。
※J先生の教室にあった左側の書ですが、何て書いてあるかわかりません。どなたか教えていただけないでしょうか?

にぎわい亭稽古だより

1 6

3_20171013233156714.jpg

4_20171013233200481.jpg

1_20171013233201386.jpg

2_20171013233209f2e.jpg

⑩2017オハイオ遠征の巻 (10/10)
『ウエット&スメリー!?』
今日は、スプリングフィールドのウイッテンバーグ大学で午前約1時間半、午後1時間の公演(?)をさせてもらった。朝のプログラムは、 Rakugo? Short stories Tnngu-sabaki Workshop Question-time 学生さんたちの乗りもよく大変やりやすかった。午後の参加者は少なかったが、スペイン語の先生と中国語の先生が来てくださり 梔子(くちなし)をそれぞれの言葉に見事に翻訳してくださり面白かった。スペイン語の先生は、すぐに覚えて自分で勝手にされたので、ジェジェジェー!?
終わってから、お世話くださったI先生が「すみません!天井から水が漏れて黒いカバン(財布や鍵、スケジュール表などの貴重品を入れてる)が濡れてしまったんです!」幸い、服や靴など他の物にはかかってなかったが、濡れてるだけではなく異様に臭い!?猫の尿(?)のようにニヨウ!
慌てて中の物を出してトイレに行って水洗い、泡石鹸を擦り付けてお湯を出して(お湯がちゃんと出る!)熱湯消毒!?中の物は全部出したか? アッ!沢山あるポケットの中に封筒に入れてアメリカドルの紙幣が!? 出して水分を取ろうとお菓子の赤い包み紙の上に置くと・・・!?

にぎわい亭稽古だより

カリフラステーキ

アイス

大ちゃんの朝ご飯
⑨2017オハイオ遠征の巻 (10/9) 
朝6時に朝食をいただき、7時過ぎにD先生宅を出発、霧のためスピードを落としての安全運転で7時半ごろ学校着。
8:20~8:54 8年生 6名   
9:33~10:08 7年生 8名 
10:11~10:45 7年生 10名 
11:40~12:55 ?  4名
(日本語の自己紹介の指導) 
ランチ
1:40~3:00  ?  50名
終演後、D先生にアイスクリーム(イチゴとカボチャ)を御馳になりスプリングフィールドへ約1時間のドライブで移動。ウィッテンバーグ大学や語学学習センターの先生方と夕食。
海外で食事をする時はメニューを見てもよくわからないので、周りで食べてる人のを見て、こっそりと「今こっち側で食べてるのと同じをお願い!」と言ったり、誰かが注文したのと同じものを言ったりすることが多い。今回も3人の先生が他の注文されたのを聞いて、同じ様に「カリフォルニアステーキをお願いします」
「笑人さん、いつからベジタリアンになったんですか?」「え?」「カリフラワーステーキ・・・?!」
(ナンジャソラ!見たことない!?)

にぎわい亭稽古だより

1 会場ベンさん

DSC05867.jpg

4プリーズ

⑧ 2017オハイオ遠征の巻 (10/8)
朝9時半にベンさんにホテルに来てもらい車でオハイオ州立大学まで移動。学生さん2人が来られ、4人でブランチ。12時から準備にかかり、1時半~3時まで英語で落語のデモンストレーション。50人の予定が90人を超える方が来られていたとか!?
今日はワークショップで、中国語、言位難語、カンボジア語を教えてもらった。言位難語はイウクライナという感じで発音されたので、最初は何語かわからなかったのですが、教えてもらって、やっとウクライナ語だとわかりました。しかし、マネするのも難しかったです。言位難語・・・!?(クルシーイ!シッツレイシマシタ!)

にぎわい亭稽古だより

1 えー

3 プライムリブ

2リブアイ 
⑦ 2017オハイオ遠征の巻 (10/7)
『ステーキ!?』                     昨日は夕食でテキサスロードハウスという店のリブアイとプライムリブという肉を食べさせてもらった。どちらもおいしかった。リブアイは脂身の少しある赤身、プライムリブは周りが焼いてあって中身は生に近いお肉、「生肉はどうも?」と思っていたが、こっちの方が癖になりそう!! 
 今朝も5時ごろに目が覚める。10時から日本語を勉強してる大学生に落語の授業をすることになっていたが、2人しか集まらない。今日はいろんな行事がかさなっているとか?しかし、徐々に増えて合計8人の学生さんたちに指導させてもらう。
 4時に日米協会のベンさんに乗せてもらって5時40分にダブリン到着。6時半から7時半までJASCO(ジャパン・アメリカ・ソサイエティ・オブセントラル・オハイオ)の理事さんたち約20人に英語で落語紹介、その中にロシア語を喋る方が居られたので「梔子(くちなし)」をロシア語にして喋ってもらった。「いらっしゃいませ」は、カクパンはパンモチ・・・!?

にぎわい亭稽古だより

会場

舞台上

G指導
⑥ 2017オハイオ遠征の巻 (10/6)
『アイスクリーム!?』            
9時20分に宿舎から車に乗せてもらって 9時40分頃にヴァンビューレン小・中・高校に到着。千人位入るオーケストラボックスのある立派な講堂で10時17分~11時2分まで10~12歳の子ども達約200人の前で、落語紹介のでモンストレーション「ペット」「Painful」「Monkey」「くちなし(英・伊)」「Ice cream」  
この後スクールランチを食べさせてもらった。食べ終わると子ども達が話しかけてきた。何人かの男の子達が「Do you like icecream?と聞いてきたので「Yes! Ofcourse!と答えた。するとランチを販売してる所からアイスクリームを
買ってきてくれた!?4年生の子どもにアイスクリームをおごってもらった?どんなつもりで買ってきてくれたんやろ?小遣い減るのに・・・!? 

にぎわい亭稽古だより

新聞顔写真

新聞

記事
⑤ 2017オハイオ遠征の巻 (10/5)
『ターゲット?!』 
昨日(10/4)はリバティベントン小学校4年生の子どもたち3グループ(50・50・25人)に、11時40分から35分ずつの落語紹介のでモンストレーション、そして6時からはフィンドレー大学のマルコムキッチンという会場で一般の方達を対象にした英語落語会(?)をさせてもらった。大学生のご両親や関係者約40名が参加してくださった。子どもたち(4~7歳?)が3人来てくれていた。4歳の女の子が大活躍してくれてとても盛り上がった。
 興訓その五   
大人よりも子どもにターゲットを絞るべし!  
※そうすると盛り上がるようです。今回は郡(?)の新聞にも「ラッフィングマン、リターンズ(笑人が帰ってきた)!」というタイトルで載せてもらった。そのおかげもあってか、車で1時間かかって来たという方もおられた。何かアーノルドシュワルツネッガーになったような気持ちになってます!(そんなええもん違うやろ!)「アンタノリスギ・趣味悪常ガー?!」(シッツレイシマシタ・・・!?)   

にぎわい亭稽古だより

部屋

宿舎

夜の大学の交流センター?
④ 2017オハイオ遠征の巻 (10/4)
『重たかった!?』
昨日(10/3)はフィンドレー高校の9~11年生、約20人ずつに図書館でそれぞれ45分ずつ,3コマ、オールイングリッシュで落語の紹介をして小咄体験をしてもらった。1限目は支援学級(ダウン症・知的障害を含む)の9年生、3クラス合同のグループだったが、反応もよく、積極的に参加もしてくれた。2コマ目の10年生も同じ様に出来たが、3限目は残念ながらシャイ(?)な生徒たちで反応がわるく重たい授業になってしまった・・・!?
 夜はKさんのお宅でいろいろなバーボンを飲ませていただいた。充電用のプラグも貸していただきおおだすかり!
 供訓その四
電気を供給する電源プラグは2個持って行くべし!? 
※今回充電の必要なものは、パソコンと携帯、カメラ、ビデオカメラです.パソコンはよく使うので外すことはできないが、他の3つは交代で充電することが可能だった。

にぎわい亭稽古だより

サーフェス

psokonn.jpg

③2017オハイオ遠征の巻 (10/3)
『軽い!?』               
今までのパソコンは、重さが2.5kgあったが、今回持って来たのはサーフェスというケースを含めて1kg、厚さも大学ノート2枚分位の厚さになったので、パンパンに張って重たかったカバンが今は、スカスカで他の物も入れる余裕があるし軽くて持ちやすい。  
荷物も軽く、心も軽い・・・!? 
しかし、一番軽いのは、残念ながら、財布の中身・・・!?

にぎわい亭稽古だより

DSC05048.jpg

DSC05050.jpg

DSC05053.jpg
②2017オハイオ遠征の巻 (10/2-2)
『必須アイテム?』
 落語をさせてもらいに行く時によく忘れるのが足袋や雪駄です。人によっては扇子や手ぬぐい、下帯なんかを忘れる方もおられるかもしれませんが、これらの忘れ物は人のものを借りたりしてでも何とかなります。しかし、少人数で行った時に着物を忘れてたりとか、間違えて羽織だけしか持って行ってない場合は何ともしようがありません。
 以前に着物を忘れて、たまたま着物みたいな襦袢を持ってきてたのでその襦袢で落語をされた方がおられましたが、お客さんは気づかなかったんでしょうかね・・・?!
 海外旅行の必須3点セットは、
①パスポート ②搭乗券  ③お金です。
予約をしていれば搭乗券は空港のカウンターで、名前を言えば発行してもらえます。お金は友達と一緒なら借りることができるし、クレジットカード等を持っていれば何とかなります。    しかし、何ともならないのがパスポートです。テーブルの上に置き忘れたり、うっかり期限が切れていて再発行が間に合わなかったり、パスポートだけは人から借りることも出来ません。家に取りに帰ってて飛行機に乗り遅れるということもあるようですが、   そんな時にパスポートを届けてくれるような家族がいてくれるといいですね・・・!?
 叫訓その三                       出発前、「パ・ト・キン」の声出し点呼を必ず実施! 
※ビザや代わりのもの(エスタ?これは登録するだけで実際に書類を見せたりはしません)が要る場合もあります。食べるピザと違います。入国査証(ビザ)・・・!?(シッツレイシマシタ)

にぎわい亭稽古だより

①2017オハイオ遠征の巻 (10/2)
DSC05040.jpg

DSC05048.jpg

DSC05050.jpg

『ヒヤッ!?』
 ありがたいことにオハイオに呼んでいただくのは7回目になりました。「ひとの不幸は蜜の味」とかで、失敗談が面白い(ラクゴヤナイノカイ!)と誉めていただくことが多いので、今回も皆さんに喜んで貰えるような失敗をできるだけ沢山して皆さんのお役に立ちたいと思います?!
 今回は5時起きで、用意してもらったご飯を食べて、準備をしようと慌てて一歩を踏み出すと、うっかり荷物に躓いてこけそうになった。これが今日の躓きの一歩。もうちょっと慌ててたら骨折してたかも?

 共訓その一    
荷物は部屋の入り口や通路の真ん中に置いてはいけません。

 今日は成田空港で、もうちょっとで自分の乗る飛行機を見送ってしまうとこでした。 
というのは、伊丹から成田について、国際線に乗り換える時の通路横の小さな掲示板にダラスとあと2つの都市名が書いてある小規模な出国検査場がありました。検査をする人が2人しかおらず、この3都市に行く人のための近道なんだ。「成田空港は乗客に優しい親切な空港やな」と思ってここを通過して61番ゲートの待合室で待ってました。「・・・? 出発時刻が微妙に違うけど、まあ10分や20分変わることはあり得ることやし、行先は乗り継ぎ地点のダラスに間違いないし、ここに違いない!」と思って待っていたが、何か胸騒ぎがして係の人に確かめると「73番ゲートです!」「ギョエーッ!?」
 ここが61番、・・・67,68!? 69番からが無い?!近くの係員さんに聞くと「反対側です。」MW(ムービングウオーク)はなぜか反対向きにしか動いてない。そうなんです。MWは中心から端の方に移動するために設置してあるんです。
 あんな看板出して混乱させて、仰山ぎょうさん歩かせやがったたんは誰や「責任者出てこーい!」と大きな声で叫んでやりました。いや、叫んでやりたいと思いました・・・!?(係の人に確かめてみるとやっぱり間違える人がいりそうです。そらそうでしょ。ツルのマークの会社があんなサギみたいなことしたら飽きません。
 
恐訓その二      
近道は労多くして遠回りや失敗のもとになるかもしれません。 特に空港のMW(ムービングウオーク)は中央から端の方向にしか動いてないのでご注意を!  

※ 記事を載せるのが遅くなって大変申し訳ありません。パスワードを忘れて管理者のページに入れませんでした。
フェイスブックには送れたので現在⑦まで送っております。 Showto Sst でご覧になれます。 申し訳ありませんが、やっとパスワードがわかりましたんので順次送らせていただきます。日本に帰ったらもっと写真をのせたいとおもってますが?