10/29 にぎわい堂稽古だより

オーヴォ
SN3O0012_201410301446095bb.jpg
OFUKUYOSE_flyer1.jpg
「オーヴォ」
 ポルトガル語で『卵』という意味だそうです。アリやバッタ、クモ、チョウチョなどの衣装を着けた人たちが出てきて、跳んだりはねたり、凄い動きのコミカルでファンタジックな世界でした。(元はカナダの大道芸から始まった50ヶ国5000名のアーティストとスタッフのいる集団だとか・・・!?)
 ほんとにみーんな人間とは思えないような動きでしたが、一番びっくりしたのは、中国独楽(鼓のような形)?を2本の菜箸(長い棒の先が紐で繋がっている)のような物で操る技、その紐で独楽を高速回転させながら、テントのてっぺん近くまで投げあげたり、お手玉のように同時に3つを順番に投げあげたり、紐で三角形を作ってその中で同時に回転させてたりした技には度肝を抜かれた。
 
 3日(月)は1時開場、谷町4丁目の歴史博物館、4階講堂で21回目のおふく寄席(英語落語会)を入場無料でやらせてもらいます。英語の勉強をしたい、もう一度やり直したいと思ってる方がおられましたら是非ご紹介くださ~い!

今日のお稽古 
 14:00~    出席者 4名  演者 4名

SN3O0002香
①香笑さん        血圧のはなし

SN3O0003遊
②遊圓さん  自由のはなし

SN3O0005みね
③Mineさん      「Morning Glory」 

SN3O0006笑
④笑人         「The Cat and Goldfish」

  18:00~20:30  出席者 3名  演者2名

SN3O0007八
①八笑さん     「A Man in a Hurry」

SN3O0010竜
②Dukeさん   「Jugemu」
スポンサーサイト

第1回 橘笑(きっしょう)寄席

橘笑客八斗
「満員御礼!」
約60名のお客様に来ていただいて盛り上げていただきました。
  プログラム
猫と金魚      笑 人
遊山船       けんちゃん
狸の賽       千 鶴
ぜんざい公社   ざこ家ちりめん
青菜        月亭八斗 
  中入り
豆屋       八千代亭一笑
星野屋      ひろり
寄合酒       薬々家笑石  
阿弥陀池     桂 九雀 

※ 三味線      はやしや薫子

10/22 にぎわい堂稽古だより

「安静は麻薬、運動は万能薬!?」
賀茂ん狸賽
 19日(日)は、京都国際交流会館で行われた笑笑亭(らふらふてい)5周年記念の会に見せてもらいに行ってきました。トップバッターは賀茂んさんでした。練習の成果がよく出ていて、ポイントポイントでしっかりと笑いが取れていました。ほかの演者の皆さんもそれぞれの個性がよく出ていて大変面白かった。
 ダイアンさんの愛宕山も、山登りの場面や瓦け投げの所などに彼女自身の日本的でない工夫が入っていたのでとてもよかった。
 その後大阪に帰って6:45~約2時間、11/3のおふく寄席のリハーサル・・。チカレタビー!

  この「あんせいはまやく、うんどうはばんのうやく」という言葉は、帰りの電車でたまたま一緒になったちゃめ吉さんのお友達に教えて頂きました。
 口の運動だけでなく、身体を動かす運動にもしっかり笑進しょー!?

今日のお稽古 
 14:00~    出席者 3名  演者 3名
①笑人   (by video) 「Tanusai」
②Dukeさん ( 〃  ) 「Jugemu」

八笑
③八笑さん     「A Man in a Hurry」

デリ
④Dukeさん       「Jugemu」

  19:00~20:30  出席者 4名  演者3名
①Dukeさん   「Jugemu」

かもん
②賀茂んさん  「Tengu」

アトム③Atomさん       「Sanjikkoku」

10/15 にぎわい堂稽古だより

「落語体験」
ワークショップ - コピー
 10月4日は、19名のお客様に来ていただいて盛り上げていただきました。演者より面白いお客さんが必ずいてはるのが面白い・・・!?

今日のお稽古 
 14:00~   出席者 5名  演者 5名
SN3O000みね2
①Mineさん    「つる」

SN3O0003め
②メーシャさん   里帰りレポート

SN3O0005香
③香笑さん     「Hurt」「延陽伯」

SN3O0006笑
④笑人      「猫と金魚」

SN3O0007遊
⑤遊圓さん    「Dancing Doctor」


 18:30~20:00  出席者 4名  演者3名
SN3O0008八
①八笑      「A Man in a Hurry」

SN3O0011デユ
②Dukeさん   「Jugemu」

SN3O0015かも
③賀茂んさん  「Tanusai」

10/8 にぎわい堂稽古だより

「立の家猿之助さん」
優勝
 10月5日に池田市で行われた社会人落語日本一決定戦で、創作落語
「ほねつぎ蔵」を演じて、第6代名人に選ばれました。
 
 今週の土曜日、西成で英語落語会をやりま~す。
てんのじ第5回141011

今日のお稽古   14:00~   出席者 5名  演者 4名

ミネ
①Mineさん    「Morning Glory」

香笑
②香笑さん    「延陽伯」

遊圓
③遊圓さん     「ダンシングドクター」

笑人
④笑人      「Tanusai」
 
 18:45~21:00  出席者 4名  演者3名

かもん
①賀茂んさん  「Tanusai」

デユーク
②Dukeさん   「Jugemu」

アトム
③Atomさん    「Atagoyama」

10/6 にぎわい堂稽古だより

OFUKUYOSE_flyer1 - コピー
OFUKUYOSE_裏面_flyer_final - コピー

10/5 にぎわい堂稽古だより

朝の集合

池田社会人落語選手権朝の集合

後輩2人が今日の決勝に残りました。
アゼリアホール(阪急石橋下車)10時半開場、11時開演で決勝が
おこなわれます。
入場には整理券が必要ですが、一緒に行きたい方がおられたら
連絡してください。1枚で5人はいれます。何枚か持ってますので
一緒に行きたい方は携帯のほうに連絡ください。
090-9629-0045 でーす。

10/2 メリーランド遠征 その⑨

「がんぶわって稽古せな!」
シティバンクのカードは使えなかったが、VISAカードで現金を引き出すことができたので助かった。頼りになるのはVISAのマークだということがよくわかった。
 旅行中は、時差の関係でほとんど昼夜が逆転していたので、昼は眠たいし夜は寝てもすぐ目が覚めてトイレに起きるという感じだった。
 今回は一番有効な時差ぼけ対策が出来なかった。お酒を自重してあまり飲まなかったので、アルコールをしっかり飲んで、よく寝るということが出来なかった。それで自分の体内時計をうまく誤魔化すことが出来なかったようだ・・・?!

 10月のスケジュールも中々充実している。
4日(土)池田社会人落語選手権(中央公民館13:00~「猫と金魚」)
11日(土)てんのじ村落語会(山王福祉会館14:30~「Tanuki no sai」)
19日(日)おふく寄席リハーサル(本番は11/3日、歴史博物館「The Cat and Goldfish」)
21日(火)出前寄席(千林老人ケアセンター11:00~「狸の賽」)
26日(日)橘笑落語会(八聖亭・環状線福島 14:00~「猫と金魚」)
(毎週水曜日は2時から、にぎわい堂にいます。)

 7泊8日のあっという間の旅だったが、合計7回のパフォーマンスをさせて貰うことが出来たし、いろんな方の協力で中身の濃い旅にすることが出来ました。ほんとに皆様ありがとうございました。

インチョン空港
ハンバーガ屋さんの呼び出し器具
DC空港

※ 写真は、①韓国インチョン空港ロビー②ハンバーガーショップのできましたライト(料理が出来たらピカピカ光って震え出す)③ワシントンDCダレス空港)

10/1 メリーランド遠征⑧

「ぎょえーーー!?」
 今回の旅行では、(VISAカードで買い物もできるし、現金はあまり持っていく必要はない、いざとなったらシティバンクのドル用のキャッシュカードで現金を引き出したらええわ。)と思っていたので、ドルは1ドル札を20枚程と20ドル札を5枚程しか持って来なかった。
 しかし、ちょこちょこ使ったので手持ちがなくなってきた。ATMでお金を引き出そうとしたが出てこない!(なんでー・・・!?そういえばこのカードを作ったんはだーーーいぶ前で、最近、持っては行ってたけど実際には使ってなかった。使用期限はカードには書いてないけど、期限切れか・・・?)
 長期間使ってないカードは、セキュリティが自動的にブロックをかけてしまうとか?(日本に帰ったらすぐに電話で確かめてみよ・・・!?)  

9/30 メリーランド遠征⑦

「チョークは時代遅れ?」
140930lesson.jpg
今日は、朝6時15分頃に中国系アメリカ人女性のジュリーさんに車で迎えに来てもらって、アインシュタイン高校(生徒数約2千人、教職員約120人、校長1人、副校長4人[6~9年生の各学年に1人])に行った。
 3時限目と6時限目に授業をさせてもらう予定だったので、1時間目と4時間目はジュリー先生の授業を見せてもらった。電子黒板を使ったテンポの良い授業だった。
 昨日の学校もこの学校もクラスに1台電子黒板が設置されていた。これからの教師は、パソコンで指導プログラムを作って、電子黒板を使いこなす能力がないと務まらないようだ。
 モーマン先生の学校では、この新しいテクノロジーに適応できない年配の教師は肩たたきにあって退職を余儀なくされたそうだ・・・!?