8/24 にぎわい堂稽古だより

2010年8月25日参加者7名演者7名

お帰りなさい、やっさん!
にぎわい堂の1期生でボストン公演、デトロイト公演の仕掛け人のやっさんが、転勤で日本に帰ってきました。
CAXSUFNF.jpg
100825_1927~01
100825_1931~01 100825_1946~01
100825_1934~01
100825_1958~01
100825_2021~01
スポンサーサイト

8/18 にぎわい堂稽古だより

8月18日 参加者4名 演者4名

100818_1924~01-1
① Mさん「Fishing」
2つ目のネタである。今日はスクリプトを見ながらやるとおっしゃったので、それはよくないと思い、私が読んでそれを真似してもらいながらすすめた。練習が終わってからもネタの中にあるビールを飲む仕草の練習を中華料理屋さんで、空のジョッキを持ちながらされていた。Mさんはアルコールを飲まれませんので、中身は私が有難くいただきました。

100818_1935~01-2
② 光笑さん「Speaking Flower」「Monkey」
NHKの実践ビジネス英語9月号に、光笑さんの記事が載るそうです。是非本屋でごらんあれ。どんな記事やろ?光笑さんはまじめな方なので、羞恥心を忘れてその人物の気持ちになって話すというのが苦手です。植木屋と客のセリフを分担を決めて2人組で練習しました。

100818_2021~01-3
③ 八笑「An emergency hospital」
フライパンで両手をヤケドした人物の動作、アイロンでやけどをした人物の動作をどうするか?話の進め方は会話を中心にする。3人の人物の区別をどうつけるか?酷暑に負けず、元気に稽古に参加参加されること自体が凄い、恐るべき80歳!

100818_2036~02-4
④ 笑人「死神」
今日は死神があまり笑い声を出さないバージョンでやってみました。今意識してることは、日本語の心地よい響きをいかに出すかと言うことですが・・・
「日本には八百万の神と言いましてものすごい数の神さんが居られるそうですけども中にはできたら付き合うのを遠慮したい神さんも居てはりまして」

8/11 にぎわい堂稽古だより

2010年8月11日 

 参加者15名 演者10名


 今日はMさんの姪・甥の皆さん、吹田のmahaloさんの子どもさん、生徒さんたちも来られたので、何と15名もの皆さんが来られて練習もむちゃくちゃ盛りあがりました。小学1年生のよしき君は英語・イタリア語で「くちなし」に挑戦してくれました。
 チャイルドパワーをあなどるなかれ!
100811_1757~01-1
100811_1758~01-2
100811_1815~01-6 100811_1806~01-3
100811_1816~01-7
100811_1816~02-8
100811_1825~01-10
100811_1852~03-11
100811_1935~01-12
-13.jpg
100811_1955~01-15
100811_2005~01-16

8月4日 参加者7名 演者6名

100804_1915~01-1
① 笑油さん「Osaka Obachan」
技術的にはとても上手にしゃべることができるようになっている。が、一番大事なことが抜けている?しゃべることを楽しむこと?

100804_1940~02-2
② Mさん「Speaking Flower(中国語)」
今日は、東京から若くてかわいらしい八木さん、いやメエの堀江さん(シッツレイシマシタ)が来られて、終わった後にひとこと、「ふだんの方がもーーーーっと面白い!」
そうです。目標は「ふだんのようにしゃべることです!」

100804_1946~01-3
③ 光笑さん「Speaking Flower」
来られる前に、25歳(?)の息子さんに練習を見てもらったそうです。「カタイ!」と
言われたそうです。何と良い息子さんをお持ちなんでしょうか?お父さんの英語落語を聞いてくれるなんて・・・(どうしたらそんなに忍耐強い、優しい息子に育てられるの?)

100804_1958~01-4
④走笑さん「Tengusabaki」
奥さんが旦那を起こす場面がとてもよくなりました。肩を叩くときの場所や指先への力の入れ方、顔の方向、顔の表情の切り換え方などの練習。

100804_2013~01-5
➄ 八笑さん「Centipede(ムカデ)」
 久しぶりのリメイク。目線のキャッチボール、「右前・左上・左後ろ」の動き方、まだしっかり思い出すことができていなかったので不安定でした。

100804_2032~01-6

⑥ 笑人 「White Lion (動物園)」
久しぶりに思い出しながら、やらせてもらいました。やーぱり、「稽古はウソつかない」
 もっとしっかりネタ繰りをしなければ!

米團冶英語落語

桂米團冶さんが初めて英語落語の高座に上がった。

枝雀以後,誰も継承していない米朝一門が英語落語を認知した事に成る。

落語協会にとっても大変なイノベションである。

英語落語始祖の正統な継承者とも言える「にぎわい堂」のリーダーこそ今や旗を挙げよ!

KERA創設の時きたれり。アマ業界結集せよ! 桂米団冶


(先手必勝)

投稿文責:Syunkanyuwakashi Hasshow


kome