稽古だより

2月25日 参加者 14名  

KC2A0001 090225-2
KC2A0003.jpg KC2A0004.jpg KC2A0006 090225-2
                           KC2A0002 090225
スビバセン。後半写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました・・・。


スポンサーサイト

2月18日(水) 稽古だより

2月18日 参加者 8名 

KC2A0006.jpg KC2A0007.jpg
KC2A0008.jpg
KC2A0009.jpg KC2A0010.jpg KC2A0013.jpg KC2A0014 090218


  



2月11日 稽古だより

2月11日 参加者 6名 

今日は朝の11時から名塩のナシオンホールでの第1回子ども英語落語会の応援、そして、7時からは
にぎわい堂の稽古と忙しかったのですが、充実した1日でした。
ナシオンホールでは、16名の子どもたちと児童英語の先生達(2名)の飛び入りのショート英語落語を見せてもらいました。子どもたちそれぞれの個性が出ていてとても面白かったです。中でも4才のこうちゃんのスピーキングフラワーは凄かったです。何を喋ってるかわからない部分もあったんですが、表情を見てるだけで、爆笑でしたから・・・、それと児童英語の先生達の積極性も感心させてもらいました。
初舞台といいながら、羞恥心を横においといてやってしまうんですから、この積極性は見習わせてもらいます。 

夜は、八笑さん、アララさん、マー坊、イチ君ガ舞台に上がってくれました。
皆さん中身の濃い練習ができました。マー坊、イチ君は座布団に上がるのは2回目ですが、前回に比べるとまた進化していました。子どもたちの成長恐るべし!

追伸
 ホントにこうちゃんには笑わしてもらいましたが、英語でやった子どもたちは、スクリプトを忘れた子が一人もいませんでした。12月に一度舞台を経験してるとはいえ、これは凄いことだと思いました。みんなしっかり練習してきたんですね。ホントにレベルの高さに感心してしまいました。
 落語は子どもたち、それぞれのの個性を光らせてくれますね。ストーリーテリングや劇に比べて、個性を発揮しやすいのかな?日本語の落語も面白いけど、英語でやると恥ずかしがり屋さんでも、そのはずかしいという気持ちをちょっと横においてできるのが良いところでしょうか?

 

KC2A0001 04 KC2A0002 03   

KC2A0004 090211 KC2A0003 02







 

稽古だより

2月4日 参加者17名 

先週は2名だったのに、何と今週は17名の方々に参加していただきました。
下は5才のまあ坊から、上は78才の八笑さんまで、何と年齢差73才!
凄いですねー! 楽しかったですねーーー!
(風邪の菌がお腹に悪さしに来てて、元気がなかったんですが、
 善玉菌が倍増していっぺんに元気になりました。)

KC2A0012 090204 KC2A0011 090204
KC2A0001 090204
KC2A0007 090204 KC2A0014 090204
KC2A0008 090204 

これは、今度中学校へ行って、This is Rakugo をするための練習をしています。
KC2A0013 090204